リサイクルできるものとできないものの違いとは?

リサイクルできる物とできないものの区別をしなくてはいけない

リサイクルしてよいもとよくないものの区別

特にこれからの時代に日本人に求められることは、せっかく分別という制度があるのだからもっとリサイクルしてよいものとよくないものの区別をつけることを身につけたほうが良いのではと考えます。
意外と誰もが間違ったゴミの分別を行っており、これらに対する国や自治体の説明もきちんとしていないのではと感じます。
結構不燃物なのに可燃ごみとして出してしまったり可燃物なのに不燃物として出してしまったりといったケースがかなり多く見られるようです。
まず自治体は国民にとって分かりやすいゴミ分別の表示を出すべきであり、もっとゴミ問題に対する啓蒙活動も行なうべきだと思います。
さらに国民側も安易に分別をして出すのではなく、もっと確認をしっかり行なったうえできちんとゴミ出しを行なうことが大切かと思います。

分別をもっと国民に徹底させること

しかし国民自体の意識が変わっていかなくては依然として不法投棄や食品の食べ残しやコンビニの食品廃棄はなくなりませんので、我々国民がもっと意識を高く持ってゴミの分別や不用なゴミは出さない、使えるものは繰り返し使う、リサイクル品を正しく回収に出すといった行為を行なっていかなくてはなりません。
これには国がもっと国民にゴミ問題の解決を周知徹底させること、そして実践に取り組ませる事が必要になってくるのではないかと思います。
そしてゴミの実際の総量の問題をもっと実現的に把握し、ごみを減らしていく行動に出なくてはいけません。
リサイクルが可能なプラやペットボトル、再生紙関連など、できる物とできないものの区別をしっかりつけて行動していきましょう。


この記事をシェアする