リサイクルできるものとできないものの違いとは?

日本の現在のゴミ分別の状況

日本のリサイクル率ダントツ低い

しかも分別に世界的にうるさい割には日本のリサイクル率はものすごく低く下から数えた方が早いくらいの順位です。
これはゴミの分別は表面的にはされているように見えるが実際は影で業者がやむなくリサイクルで出されたゴミを焼却処理している現状があるのです。
これにはリサイクルの基準自体に問題があるのであって、国はもっとこの問題を注視し、根本的にリサイクルの見直しを行なわないと、不法投棄も減少しませんし、ゴミの量を減らすなどは表向きの言い訳になってしまいます。
また我々国民自体の意識も改善が必要で、今の基準を守っているから捨てなくて良いものを捨てるとか、平気で食べ残しを処分するなどの行為を改める必要は大いにあると思います。

逆に焼却率とエネルギー化はダントツの一位

逆にリサイクル率と比べて日本のゴミの焼却処理とエネルギー化に関してはダントツの一位という状況です。
これには数年前から言われている食品の廃棄率の高さとリユースできるものを簡単に捨ててしまうという悪い傾向がモロに出ていることを示しています。
特に大きな問題は食品の食べ残しとコンビニの食品廃棄がものすごく問題になっています。
海外を見てもこれだけ食品を勿体ないまでに廃棄している国は他に例が無く、一昔前の日本と比べるとまるで別の国のような有様です。
しかもその割合は焼却処理のごみの中で実に三分の二を占め、大変なムダを日本人は平気で行なっているわけです。
この意識の低さがならない限りは日本のゴミ問題は全く解決しませんし、地球環境の汚染に加担しているといわれても仕方ありません。


この記事をシェアする